薬剤師のお仕事

薬剤師の待遇の上昇

薬剤師は、大学でかつては4年制を卒業していれば、受験資格が与えられるものでした。しかしながら、制度改革により4年制ではなく6年制へと変更されたため、その間に不在となった期間が生じました。結果として著しく薬剤師が不足するケースが出てきたわけです。
また、地方におけるいわゆる門前薬局やドラッグストア内での調剤部門の設置でさらに競争が熾烈となり、人材不足が特に地方で顕著な自体となっています。今後もこの傾向は続くと見られ、結果として待遇をよくするなどの措置により人材をかき集めなくてはならない状況となっています。
国、厚生労働省でも門前薬局の増加と医療費の増大が無視できない状況となり、門前薬局から院内処方へと切り替えた方がいいのではないかという議論も始まりました。ただ、今更の話であり、すでに門前薬局やドラッグストア内での処方が当たり前になっています。これを変更するとなると、現場で大きな混乱が生じるのは必須です。
制度に振り回されている現況があり、大きな改変を行う場合には、その影響が最小限になるような対応をこそ政治や行政には求められていると言ってよいでしょう。門前薬局もただで開設しているわけではありませんから、倒産が相次げば薬剤師の行き場を失うことになります。

薬剤師の人材不足への懸念

地方で特に薬剤師不足が顕著です。医療機関特に診療所があちこちに見かけられるところでは、その隣などにいわゆる門前薬局も併設されるところが目立ちます。薬局ですから、併設の医療機関で渡された処方箋を持って来院するわけです。
その処方背音を受け取って調剤を行う薬剤師が、地方で圧倒的に不足をしています。高給で雇用したいと募集をずっと打っている有様です。この傾向はかつて4年制卒業でも受験できた資格が、6年制へと制度が変わって以降、顕著になっています。
都市部で就職を目指す若者が多いことも要因の一つで、地方に目を向ければ採用を行いたいと考えているところは確実にあるものです。新卒の人で地方でも構わないという人に対して、もっと積極的に薬局側から働きかけを行っていくことが求められます。
地方在住でも構わないという若者は意外にいるものです。そのニーズをいかにしてつかむのかが問われています。また、いわゆる門前薬局では、ドラッグストアの調剤部門との競争も激化しています。生き残りをかけるためには人材が必要不可欠です。したがって、人材の確保及び定着に向けた取り組みをより一層努力していくことが、必要であると考えられています。

check

浅草 人力車
http://www.jinrikisha-matukaze.com/
岡山 相続
http://okayama.zaisan-okayama.com/
札幌市でクレジットカードの現金化なら
http://7gift.net/
貴金属買取
http://kaitotte.jp/media/category/%E8%B2%B4%E9%87%91%E5%B1%9E%E8%B2%B7%E5%8F%96
カプセルホテル 東京
http://sugamo-capsule.com/
サッカー ユニフォーム オーダー
http://uniformlab.jp/
ニュージーランド 高校留学
http://www.kaigairyugaku.biz/flag01/education/edu03/newzealand.html

Last update:2017/2/1