薬剤師のお仕事

薬剤師に必要な知識について

薬剤師はすべての科の薬の知識がなければスムーズに業務を行う事が出来ないです。より多くの薬の知識があった方が薬剤師の業務に従事する時に良いです。
薬剤師は単に薬の事を知っているだけではなく具体的な効能や副作用について知っておいた方が良いです。薬の細かい部分まで知っていた方がよりスムーズに業務をする事が出来ます。また、患者や他の医療従事者のニーズに迅速に対応する事が出来ます。
薬剤師は薬だけではなくコミュニケーションに関する知識も持っていた方が良いです。専門的な知識をより多く持っていてもコミュニケーションをうまく取る事が出来なければ患者を嫌な思いにさせるだけではなく、自分のキャリアに悪影響を及ぼす危険性があるからです。コミュニケーションに関係する能力は事前に身に着けておいた方が良いです。
業務前にすべてのものを身に着ける事は困難です。現場で勤務をしながら必要なものを身に着ける事が最も重要です。
常に行動しながら身に着けるものです。

知識不足の薬剤師について

特にドラッグストアだと、レベルの違いが顕著だったりします。
では、なぜ知識不足と思われる薬剤師がいるのかというと、理由は三つあります。
一つ目は、「育休などで長いブランクがある」。
新しい薬は、1ヵ月というスパンで出て来ます。
ですから、遅れずに付いて行くためには、産休すら取らないほうがよいといえます。
二つ目は、「人手不足のせいで、よい人材を確保できない」。
雇う側としてはよい人材を集めたいのですが、人手不足なので、とりあえず資格を持っている人を雇っているという状態です。
三つ目は、「経営者が、従業員の教育を軽視している」。
目先の経営のことで手一杯だと、教育にまで気が回りません。
しかし、薬学部は4年制から6年制に変わったため、基本ラインが底上げされました。
ですから、6年制の卒業生が世に多く出て来れば、このような状況は改善される可能性があります。

pickup

最終更新日:2016/4/20